30代のアンチエイジングにアンサージュ

毛穴ケアの悩みといえば、鼻周辺の皮脂角栓の詰まりと毛穴の開きです。
お肌の曲がり角は25歳と母に言われた記憶がありますが、20代後半がお肌の曲がり角と考えている方が多いかもしれませんね。実際にお肌の曲がリ角を折り返すのは30代からのようです。アンチエイジングを始める時30代からはじめてもよいのでしょうか?
肌には肌のバリア機能があります。通常は皮脂の量をコントロールしているのですが肌のバリア機能が30代からかなり失われていくから30代から始めるのがよいでしょう。

毛穴の角栓はだめだと分かっているものの、毛穴の角栓である黒ずみが気になって、指で絞り出してしまいます。絞ったばかりのときはキレイにりますが、数日でまた黒ずみが復活しています。

これでは、本来肌が持っている機能である細胞のターンオーバー機能が追い付かず、年齢を重ねることでシワやシミ、たるみなどの深刻な肌のトラブルを招いてしまうかもしれません。

今のあなたの肌にもっと合うスキンケアシリーズを探すいいタイミングにもなります。
30代スキンケアの見直しには毛穴ケアとエイジングケアの両方を満足させるアンサージュが最適です。肌に分泌される皮脂の量が減りますが、もちろん人によって個人差はありますが、女性は男性に比べてホルモンの変化がドラスティックに起こるため、40から50代において皮脂量が減るでしょう。

角栓の詰まり
毛穴の開き
鼻の赤み

毛穴に詰まった角栓は、オイルに溶かして(浮かせて)洗顔すると効果的です。

人の体は細胞でできていますので水分(水を飲む)を取ることと保湿クリームなどで保湿する潤いを肌に与えることがアンチエイジングにとって重要です。

20代のころはスキンケアシリーズはどれを使ったとしても、効果の差をはっきりと感じることはあまりないけど、30代にもなると、肌に合うものと、合わないものがはっきりしてきます。

紫外線を浴びることによって体の中で合成される活性酸素は廊下を早める物質として有名ですね。これらの成分を体から追い出す助けになるのが抗酸化物質です。